【建築CAD検定】初心者が独学でCADの資格取得する勉強方法

cad

こんにちはおとちゃんです!
今回は建築CAD検定試験について。試験官の立場から色々と紹介していきます。

この記事で紹介していること

  • 建築CAD検定がおすすめな理由
  • 試験内容や注意事項
  • おすすめの学習方法

 

 

建築CAD検定はCADソフトを使用して建築図面を作図する資格試験になります。

こんな方におすすめ

  • 建築関係に興味がある人
  • CADを仕事で使っている人
  • 図面などを作図してみたい人

 

YOUTUBEでjw_cadのソフトを使用した動画は配信しています。

基本的な使い方から図面を使用した試験対策までわかりやすく解説しています。

無料で建築CAD検定試験に合格できるレベルのテクニックを習得できる内容になります!ぜひ興味を持った方はそちらも参考にしてみてください!

不定期更新中!

今すぐYOUTUBEで学習する

※高評価・チャンネル登録よろしくお願いします

 

 

建築CAD検定の資格をおすすめする理由

cad3

建築CAD検定を勧める理由を結論から言うと

建築CADがおすすめな理由

  1. 試験に対応しているソフトが多い!
  2. 無料のソフトで学習できる!
  3. 誰でも受験可能
  4. 難易度も易しい!

もちろんメリットだけでなくデメリットもありますので1つずつ紹介していきます。
そのあとに試験の内容と学習方法を紹介していきます!

 

メリット

  • 対応ソフトが多い

CADのソフトには3次元と2次元対応のものがあります。建築CAD検定は2次元のソフトを使います。

対応しているソフト

  • AutoCAD
  • AutoCAD LT
  • Jw_cad for Windows
  • Vector Works
  • DRA-CAD      など

 

建築CAD検定の運営している公式サイトによるとAutoCADとJw_cadの利用者が多いそうです。

 

  • 初期費用が少ない

先ほど名前が出てきた「jw_cad」ですが無料のソフトです。パソコンとネット環境があればJw_Cadを無料でダウンロードできます。

他にかかる費用があるとすれば、試験対策用の教材費と受験代ぐらいです。

なので気軽にすぐにでもCADのソフトで学習が始められます!

ダウンロードの手順動画です。興味のある方はご覧ください。

 

ちなみにAutoCADというソフトは高額になるので個人で購入するにはハードルが高いです。もし職場の環境やそのスキルが必要な場合はそのソフトで学習できる学校や教室に通うのがおすすめです。

ヒューマンアカデミーのCAD講座

ここがおすすめ

  • 最寄りの教室に通うも良し。オンラインで習うも良し。
  • 建築CAD検定以外の資格も対応。
  • 就職の斡旋(96%以上の就職率)

気になる方はチェックしてみてください。

 

  • 誰でも受験できる

4級・3級・2級・准1級の4種類ありますが、基本的に誰でも受験可能です。
(4級のみ高校の団体受験になるので、一般は3級からになります)

難易度も初心者向きなものからあるので受けやすい試験になっています。

おすすめはまずは3級からです。仕事に活かすなら2級以上がほしい所です。

 

基本から3級の試験対策までYOUTUBEで公開しているので参考にしてみてください!きっと合格できるはず!

 

不定期更新中!

今すぐYOUTUBEで学習する

※高評価・チャンネル登録よろしくお願いします

 

デメリット

  • 知識は物足りない

問題文に多少の建築用語は出てきますが、実技試験のみなので知識としては物足りなさがあります。建築関係の業種などを考えている人はさらに学習する必要があります。

 

  • 業種の幅は広くはない

CADを使用する業種はあまり多くはありません。さらにCADの操作だけで仕事があるというわけではありません。こういった仕事に就きたい方は資格を持っていた方がもちろん有利です。

まずは学習と資格取得でスキルアップ&業界へのきっかけを作りましょう。

 

 

試験の内容と注意点

cad4

資格取得をする場合は勉強をする前にしっかりと試験の全体像を把握しておくのも大切です。

建築CAD検定内容一覧

種類 試験内容 試験時間 合格基準
准1級 配置図、1階平面図、外構 S=1/200
2階平面図 S=1/200
基準階平面図 S=1/200
断面図 S=1/200
4時間10分 4図面
すべて完成
2級 平面詳細図 S=1/50
立面図 S=1/50
5時間 2図面の作図
190~200点
/250点満点
3級 階段平面図 S=1/30
通り芯・寸法・通り芯記号 S=1/100
柱・壁・間仕切壁 S=1/100
壁と窓 S=1/30
2時間 4図面の作図
140~150点
/200点満点
4級 柱・壁・間仕切壁 S=1/100
通り芯・寸法・通り芯記号 S=1/100
壁と窓 S=1/30
2時間 3図面の作図
130~140点
/200点満点

種類

4級から准1級まで
※4級は高校の団体受験のみになるので、一般の方は受験不可。

まずは3級からの受験がおすすめ仕事に活かすなら2級以上の取得を目指しましょう。

 

内容

すべての級で実技試験のみ

問題文と参考図面を見ながら制限時間以内に作図して提出します。

cadのデータ・PDFデータ・印刷の3パターンから指示された内容で提出となります。

 

自分のパソコンを持ち込んで受験も可能です。その場合は事前に受験する会場へ確認しておきましょう。

 

料金

種類 料金
准1級 14,700円
2級・3級 10,500円
4級 3,150円

※2級と3級のみ同時申し込みで割引あり:16,800円

 

試験日程

「一般受験」と「団体受験」の2種類がありそれによって試験の開催日が異なります。

一般受験

実施日:4月 10月
自分で申込して全国にある会場で受験する場合。

団体受験

実施日:1月 4月 7月 10月
教育機関(学校・職業訓練・パソコンスクールなど)の会場で受験する場合。

団体受験がおすすめ。全国に700校以上あるようなので事前に申し込みが必要です。

 

次の内容の下にリンクを貼っておきます。

 

受験会場

全国に試験会場があり、認定された教育機関(学校・職業訓練校・パソコンスクールなど)で実施しています。

試験会場の検索と申込は公式サイトからできます。事前に試験会場に連絡して申込方法などを確認しておきましょう。

 

【建築CAD検定試験】AACL-(社)全国建築CAD連盟

公式サイトから試験会場を検索する

 

 

試験の注意事項

  • 作図データは全て提出

例えば3級の試験だと4つの図面の作図が必要になります。
その中の1つでも提出できないと点数がもらえず不合格となります。

  • CADデータで保存・PDFで保存・印刷

試験データは3パターンの提出方法が指示されます。
CADのデータとして保存、PDFにして保存、印刷物として提出。どの方法でも出来るようにしておく必要があります。

  • 試験時に必要なもの

2級以上になると電卓での計算やスケールで図面の寸法を確認することがあります。

[1]受験票、[2]筆記用具 です。その他持込可能なものは、スケール、CADのマニュアル・テキスト、公式ガイドブック、電卓、テンキーなどです。また、パソコン持込みの受験では、ハードウェア、CADソフトが必要となります。

 

おすすめの学習方法

cad2

動画を使った勉強がおすすめです。

 

動画で実際の動作を見ながら操作を覚えるのが1番良いです。それか周りにCADに詳しい方やパソコン教室など習えてもらえる環境があれば、直接教えてもらうのも良いと思います。

他の記事や動画で基本操作や検定対策もUPしているので参考にしてください。
レイヤの使い方

jw_cad

【jw-cad】レイヤの分け方・変更・移動など使い方まとめ

建築CAD検定2級対策

jw_cad

【建築CAD検定2級】過去問で合格する勉強方法|試験対策はじめました

建築CAD検定3級ver2

jw_cad

【独学で資格勉強】建築CAD3級を動画でわかりやすく解説

壁と窓

jw_cad

【Jw_Cad】建築CAD検定3級の試験対策|壁と窓の手順とポイント

柱壁間仕切壁

jw_cad

【Jw_Cad】建築CAD検定3級の試験対策|柱・窓・間仕切壁の手順とポイント

実際に動かしているのを見ながら同じ操作をマネする。これが分かりやすく効率が良いです。

 

不定期更新中!

今すぐYOUTUBEで学習する

※高評価・チャンネル登録よろしくお願いします

 

動画で操作を覚えたらあとはひたすら問題を繰り返しましょう!たくさんの図面データは過去問のテキストがおすすめです!
テキストなどの教材では知識や試験内容・過去問題などとして活用するのが良いと思います。

 

過去の問題がまた出題されることもあるのでさらにおすすめです!

 

教材などでも実技の手順などもありますが、動画に比べると効率が悪かったです。あとは単純に動画の方がわかりやすいです。
用語や問題はテキスト手順や操作は動画を見ながら勉強するのがおすすめです。

次はおすすめの教材について説明していきます

 

 

おすすめのテキスト

公式ガイドブック(准1級・級・・42021度版

過去問を使って解法手順を見ながら覚えられます。CADの細かい設定や注意事項などもわかりやすく掲載されています。テキストではAutoCADとJwcadの2つのソフトが解説されています。購入する際は最新の年度版を購入するようにしましょう。

 

建築CAD検定試験問題集  2021年度版

過去問題だけの問題集です。実際に出題された問題図面と解答図面のセットになっており、様々なパターンの図面の作図を練習することができます。このテキストを反復練習するのが1番練習になります

このテキストは一般的には販売しておらず、公式サイトでしか購入できないです。(合っても中古か定価より高いです。)

なるべく最新の年度のテキストを買うようにした方が問題の傾向なども見えるので良いと思います。

公式サイトで問題集をチェック

 

無料のサンプル問題も公式サイトからダウンロードできるので興味のある方はぜひ見てみてください!

 

おすすめの動画

Youtube

Youtubeなら無料で見られるので、動画を見ながら、操作方法やイメージをつかむのが良いと思います。私のチャンネルでダウンロードから基本操作・検定対策など動画にまとめてありますので興味のある方はぜひご覧ください!

 

チャンネル登録・高評価もよろしくお願いします!!

不定期更新中!

今すぐYOUTUBEで学習する

※高評価・チャンネル登録よろしくお願いします

 

Udemy

有料ですがUdemyも動画もおすすめです。CADの動画教材は調べるとたくさん出てきますが、Udemyが有料ではコスパ最強です。

使用ソフトはJw_Cadのみですが、ソフトのインストールから初期設定や試験概要と過去問まで一通り学習できます。

料金もセール中ならかなり安いでおすすめです!

 

Udemyを使ったことが無い方はまずは登録が必要です。

こちらもCHECK

udemy
スキマ時間に効率の良いオンライン学習|Udemy(ユーデミー)

続きを見る

 

建築CAD検定2級の試験対策講座を開設しました。

建築CAD検定2級に興味のある方はこちら!(特典あり)

こちらもCHECK

建築CAD検定2級対策
【建築CAD検定2級】過去問で合格する勉強方法|試験対策はじめました

続きを見る

 

同じ問題でも1度だけでなく繰り返し練習することをお勧めします。

やればやるほど作図は上手になっていきます。慣れてきたら試験時間内で作図できるまで繰り返し練習していきます。あとは問題を見た時に作図の開始位置と完成までのプロセスが頭でイメージできるようになれば完璧です。

 

問題に慣れると自然と作図の手順が見えてきます!

 

建築CAD検定まとめ

最後に今回の内容をまとめておさらいしておきます。

建築CAD検定がおススメな理由

  • 対応しているCADソフトが豊富
  • 費用が少ない
  • 誰でも受験できる
  • 初心者にも受けやすい難易度

 

デメリット

  • 実技のみで知識はもの足りない
  • 活かせる場所が専門的

 

試験内容と学習方法

  • 3級から取得がおすすめ
  • 2級以上あった方が良い
  • 基礎知識と過去問はテキスト教材を参考にする
  • 操作や手順は動画で勉強する

 

合格するポイント

  • 繰り返し過去問など作図して正確さ・スピード・効率を上げる
  • 図面の開始位置と完成までのプロセスをイメージできるようにする。

 

CADのソフトはとても便利で楽しいものです。気軽に始められるので興味がある方は是非チャレンジしてみてください!

© 2021 おとちゃんぶろぐ Powered by AFFINGER5